人気上昇中のセフレ掲示板 ≪jornaldepatrocinio.com≫

人気上昇中のセフレ掲示板 ≪jornaldepatrocinio.com≫

現在人気が上昇中のセフレ掲示板を紹介します!美人からカワイイ子までアナタの好みのセフレが見つかります!!

社会的背景が影響しているセフレ関係

セフレを作る人が増えている背景には社会的背景が影響していると言えるでしょう。

どんな社会的背景なのか?

というと、例えば結婚率の低下もその一つです。

結婚しない人が増えるとなぜセフレを作る人が増えるのか?

というとそもそも結婚をしない人が増えているのは将来に対する不安が大きいのです。

特に男性はそうですが、結婚をし妻や子供を養う自信がないから結婚をしないわけです。

不景気だから、いつリストラされるのか分からないから、だけど性欲がなくなるわけではありませんから、セックスをする相手は欲しくて、そしてずっと一人では寂しいから人肌が恋しくてセフレを求めるわけです。

女性の方も男性が草食系どころか絶食系男子が増えていて、自分の恋人がセックスを求めてこない場合、やはり欲求不満になってしまうわけです。

しかし男性が求めてこないのに女性の方から求めて嫌われるのも怖いですから、恋人ではない男性にセックスを求める、だけど浮気に発展したら困るからセックスだけの割り切った関係としてセフレを求めるのかもしれません。

また独身者だけがセフレを求めるわけではなく、既婚者もセフレを求める人が増えてきます。

夫婦間でセックスレスだからという理由もありますが、一番の要因は不倫をする事に抵抗感が薄れている、そんな社会的背景がセフレが増えている原因なのです。

割り切った関係だけど感情がないわけじゃない

セフレ関係は恋愛感情がない割り切った関係であり、それがセフレ関係のメリットなのですが、割り切っているからといって感情がないわけじゃないという点を考慮して下さい。

誰だってそうですが、自分の都合のいい時に急に呼び出して、そのままホテルへ行きセックスをして別れる。

そんなダッチワイフみたいな扱いをされて嬉しい人はいません。

セフレ関係だから身体の相性がよければそれでいい、相手の性格なんてどうでもいいと思っているかもしれませんが、セフレ関係だって人間関係の一つですから、良好な関係を築いた方が楽しいわけです。

例えばセックスの後に一人でご飯を食べるよりも、セフレと二人で会話を楽しみながら一緒にご飯を食べた方が楽しい時間を過ごせますよね。

相手が何か悩んでいるのなら相談にのってあげる。

そんな癒される存在になれば、セックス+αが加われば、セフレ関係は長続きするはずです。

長続きすれば情が生まれて割り切った関係を維持出来なくなったら困るという人もいるかもしれませんが、恋愛ではなく友情であれば何も問題はないはずです。

セフレとはセックスフレンドの略です。

よく知らない相手とセックスだけをする関係は欲求不満は解消出来ても、虚しさを感じる事もあるでしょう。

よく知っている相手とセックスも楽しめる友達、そんな関係を築く方があなたの人生はもっとよりよいものに変わるはずです。

セフレのルール

セフレとはセックスをするだけの関係だから何でもありの関係だと思っている人もいるかもしれませんが、セフレ関係にもルールが存在します。

セフレ関係でトラブルを発生させないためにもルールは守らなければいけません。

まずセフレ関係で発生するトラブルといえば、恋愛感情が生じてしまいセフレ関係では納得出来なくなってしまった結果、恋人がいる相手、結婚相手に対して自分の存在をアピールし、浮気や不倫がバレてしまい、修羅場になってしまう。

セフレ関係で恋愛感情が発生すると関係性が壊れてしまうので割り切った関係でなければいけません。

もちろん感情は自分が思うようにコントロール出来ないケースもありますが、だからこそ、恋愛感情が発生しないように一定の距離を置くなどルールを設けておきましょう。

また妊娠や性病に関するリスクもあります。

妊娠したら困る事なんて最初から分かりきっているわけですからコンドームを使うのは当然の事なのですが、セックスを楽しみたいから生でした方が気持ちがいい、どうせ一回限りの関係なんだから妊娠していても自分には関係ないと考える無責任な男性もいますから、女性側は特に自分の身は自分で守る気持ちでいて下さい。

そして男性側はコンドームをしなくても妊娠しませんが、性病のリスクはあります。

特にセフレを作るという事はどちらも不特定多数の相手とセックスをしてきているでしょうから通常よりも性病のリスクは高くなります。

定期的に検査に行く、複数のセフレと付き合わないなどセフレとの間でルールを設ける事で安全性を高める事が出来ます。

セフレはハイリスクハイリターン

セックスがしたい時にいつでも出来るセフレという存在はハイリターンだと思うかもしれませんが、同時にハイリスクがある事も理解しておきましょう。

ではセフレのリスクとは何でしょうか?

まずセフレがいる事が周囲や家族にバレてしまった場合です。

フリーなら多少人の見る目が変わってしまうかもしれませんし、生活態度に厳しい会社であれば昇進が遅れてしまう可能性もありますが、セフレがいるからと即クビになるわけではありませんから、それほど問題にはならないはずです。

そもそもセフレを作る行為は犯罪行為でもなんでもありませんよね。

しかし既婚者であればそのリスクはたちまち大きくなってしまうのです。

セフレ相手に恋愛感情はない、愛しているのはお前だけなんだ・・・・といってみたところで不倫は不倫です。

家族を裏切る行為をしたわけですし、それが不倫が原因で離婚に至るケースも少なくありません。

そして当然不倫が原因で離婚となれば悪いのはこっちですし、多額の慰謝料も発生するかもしれません。

セフレを作る事によって家族を失い、社会的立場を失い、そして多額のお金を失う結果になってしまったのです。

また周囲にバレなくても、セフレが妊娠してしまった、セフレの性病を感染してしまったとなればやはり大変な事になるでしょう。

特に性病は治療で完治する病気であればまだマシです。

エイズなど死に至る病、そしてエイズなど差別や偏見も多い病気ですからセフレを作る事で得た代償が大きすぎると感じるのではないでしょうか?

最新情報

なかなか結論を出すまでには至りません

私もよく、何度かこれを繰り返すと、曖昧な表現は料金だけにとどまらず、そのままはむかわずに言い分をすべて聴いてあげることも大事です。今から始めたがっている人も非常に多いという状況です。チャンスがないと嘆いてる方は試してみて・・・

サブコンテンツ

このページの先頭へ